フランチャイズのカー用品店は価格がすべて同じなの?

オートバックスやイエローハットは全国チェーンのフランチャイズ。全国どこの店舗にいつ行っても同じサービスを受け入れることから条件になっている。最近はたいていのチェーン店にピーオーエス管理システムが、導入されて専用レジが設置されるようになりました。なので同じチェーン店ならバーコード読ませれば必ず同じ値段が打ち出されることになります。「俺そんなことありませんでしたよ値段は。しかも特価品じゃありませんでしたし普通のタイヤでしたけど。たまたまドライブ中にパンクしたんですそこで近くのオートバックスでタイヤを交換しました。しばらくしてオイル交換のために家の近所にある同系列の店舗にも行ったんですが同じと言えば少し高かったんですなので得はしましたけどね。」確かに値段が違うことがあります。特にタイヤはそうなります。競合店とのあいだで値段がシビアですからね。本部の参考価格なんて参考にもなりませんしかも、プライベートブランドタイヤは比較されないんで参考価格のままですが。と現場の声。しょうがないですよね価格競争は避けられないんですが現場ではなかなかそういうわけにはいきません。実際値崩れの激しい地域には対策用の輸入タイヤを投入することもあります。日用品食料品のようなわけにはいかないんです。まぁ本来価格と得るところが決まるものですそう考えれば別に不自然ではありません。

しかし競合があまりない地域ではそこまで値引きをする必要がありません。そこそこの値段で売っていれば特に商売に支障をきたさないのです。それならば本部分が出す参考価格で商売した方が確実に儲かる。ここに価格の地域間格差が発生する原因があります。ところが便利なグッズや洗車グッズ、エンジンオイル、バッテリー等は担当者が少ないこともあって細かい管理が非常に難しいです。基本的には本部の参考価格通りに根付して販売することになるのです。なのでホームセンターやディスカウントストアカー用品店の安売りをしているお店などに比べると価格が2割程度も高い。この値段の対策としてはキャンペンや特価品を出しても客のもともと高いと言う考えを、払拭することができません。それに対してタイヤはたとえ同じチェーンのタイヤでも価格を比べて購入先を決めた方がいいと言うことにもなる。

あと最近、車の売り方について調べていたんです。愛車のrx-8が結構な距離走っているのでどうしようかなって思っていたのでネットで色々調べて見たんです。そうしたら思っている以上に面倒な作業は必要なかった。と言いますか、このサービスを利用しないと20万円も損をするって感じなんです。rx-8みたいなある種マニアックな車ほどこのサービスを利用した方が良いって感じです。参考にしてみてくださいね。

rx-8 売りたい