これからのエンスーな生活スタイルは?

古い車について知っていると少しエンスーなお話をします。

これからのエンスーに重要なことは、たかだか車という姿勢なんじゃないかな。

アルファロメオのボンネットに弾があるかないか、目くじらをたてるような80年代のエンスーは、これからはもう流行んない。そういった発想がそもそも幼稚なんです。小さい子供が好きなおもちゃをなめまわすのとおんなじ行動なんだと思います。そういった幼稚なことではこれからのエンスーは失格です。

アルファロメオのジュリアシリーズは、もはやちょっと気の利いた女の子でもだれでも知っている。なので、これからの時代、エンスーに求められるのは社会性だということだと思います。

社会性がないと、オタクというレッテルを貼られてしまい差別の対象になってしまう。これは怖い。オタクの社会だけでは生きていけない人たちは、避けて通れないんだから。たしかにジュリアシリーズのデザインは弾付きボンネットにあるのだから、そちらの方がデザインは美しい決まっている。しかしそういうことを自慢する前に大切な事は、アルファロメオに載っていることよりも、そういう生活なんです。

着るものも然り、家具、自転車の変速機、パーティー演出、パスタマシーンを持っていて、ときどき自家製のパスタを楽しむような、トータルで楽しめればオッケーなんです。つまり、コンビニで買ってはだめなんです。ちゃんと、イタリア的に、自宅で茹でた出来立てのパスタを楽しむことが重要なんです。それがこれからのエンスー的生活なんです。

あと最近気になっていたのが、車の売り方ですね。古い車ってなかなかお金になりにくいって言うけど本当にそうなのかな。私が調べた車の売り方。特に、古い日本製の車なら誰でも高く売れるんだと思いますので載せておきますね。参考になりますし、どのような車種でも同じです。要はやるかやらないのか?ってところなので、再現性も高いのでおすすめ。

 

レガシィb4 10年落ち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です