ボディーについた傷の修復の方法

ボディーについた傷と言うのは実は気になります。特に地金が見えるほどのものなら修理しておかないと錆びたりして取りかえしのつかないことになります。

甲板大きな傷凹みは基本的に先の上で述べた補修の対象になります。場合によっては修理になることもありますいずれにせよちょこちょこっと磨いて終わりと言うわけにはいきません。以前ガソリンスタンド等の洗車機のブラジャー車の塗装に細かい傷をつけると言うわさがありました。方向で言われるような細かい傷は普通に車を使っていれば洗車機に限らず必ずつくものです。空気中に無数のほこりが待っているのでそれが車のボディーに付着する。その状態で走行すれば誇りは関西の法則でボディー上を移動し塗装面に朝行蔵結につけるわけです。これが長距離の高速走行であつたり、するとさらにひどくなります。洗車機についてはのんブラシスポンジブラシのものも傷を気にする客に対応したものです。しかし個人で洗車ワックスがけをする時などでも夜はやり方次第では磨き傷をつけてしまうことになります。初めに行う水洗いが自分でなかったり水洗い後に自然乾燥させるなどして時間おけばやはりほこりなどがボディに付着してしまいますそしてその誇りとともに拭き取りやワックスがけ行えば無数の磨き傷ができてしまうのです。

しかしこういった傷はボディーに大きな影響与えることはありません。傷といっても地金には至っていないとその1番表面の部分の傷なのです。とは言えこの1番表層部が滑らかになっているからこそ車と言うのはピカピカの状態に保っているしかしここにわずかでも傷があれば光が乱反射しているがくすみ塗装面に顔を近づけ舐めるように見てみるとそういった傷がはっきりと見えてきます。気になる人は気になるものです。この傷を治す方法2つあります削るか埋めるか全社にはコンパウンド型のケミカルがよく使われます。特に極細麺のリキッドでワックスを使うように細かく磨いていくわけです。これによって傷でボコボコしていた部分が削られてなめらかになります新車時の輝きを取り戻すことができます。しかしこの方法だとわずかとは言え塗装面を削ることになりその作業を繰り返していくと塗装皮膜がどんどん薄くなって言うことになります。それに対して傷隠しワックスは傷を埋めるこれは成分を顔料とコート剤になりますこの顔料が小さな粒子状になっていて傷を埋めていきます。梅田ところに行こうと成分でコート紙今日もなめらかにしていきます。これが新車当時の会議に戻ると言うわけです。これならほとんどとその影響はありませんまさに理想的な磨き傷の修復方法です。カラーメーカーにもよりますが大体5色から12色程度用意してあります。基本的には近似色を使います。傷を埋める顔料粒子がわずかなのでこの程度のバリエーションでも充分対応ができます。にもかかわらず不思議なことにカー用品店などの先生ケミカル売り上げランキングにほとんど入ってくることがありません。

実はアリオンはランクル以上のリセール率があるので人気が高いクルマなんです。ですので、ちゃんと売り方を知っておかないとディーラーに安く買取されてしまいます。20万円以上も高く売れる方法について書いてありますので参考にしてみてください。

コメントは受け付けていません。